首イボを液体窒素で除去するとシミになるってホント?

別の記事で、妹が炭酸ガスレーザーで、首イボ治療をした話を書きましたね。
実は、液体窒素による凍結療法を行った友人もいるんですよ。

私は、できればどちらもやりたくないですが、どっちか1つを選べと言われたら・・・
炭酸ガスレーザーの方にすると思います。

理由は、「液体窒素で治療をすると、シミになる心配がある」からです。

あ、こんな風に書くと、その友人の首イボ(の跡)が、シミになってしまったかのようですね。(汗)
彼女の治療自体は、上手くいきましたよ。

ただ、この治療法の場合、色素沈着する可能性が否定できないのです。

ではまず、友人の液体窒素による治療の体験談をご紹介させていただきますね。

f:id:charming30:20160215204729j:plain

首イボを液体窒素で除去した友人の話

この治療法では、約-200℃の液体窒素で冷やしたピンセットでイボを摘み(もしくは、押し当てる)、急激に冷やします。

そうすると、イボが一時的に火傷のような状態になってカサブタになり、やがて取れるのです。

友人は、首イボの数が多かったので、数回通院したと言っていました。

イボを凍結させると言っても、火傷状態になるわけですから、赤くなったり水ぶくれができたりすることも。
友人は、「赤くはなったけど、すぐに消えた」と話していました。

治療も、若干痛みを伴います。
「痛いというか、冷たいというか、熱いというか・・・」
という感覚になるようですね。

個人的には、「ドライアイスで火傷をしてしまったような感じになるのかな?」と思っています。

治療後、友人にはビタミン剤やヨクイニンが処方されました。
「多分、シミ予防じゃない?」と言っていましたね。

彼女自身は「液体窒素の治療は保険も効いたし、キレイになったから良かった」と満足していましたが、人によってはシミになってしまって後悔したという意見もありますので、専門医とよ~く相談してから行った方が良いでしょう。

「色素沈着が心配だから、女性には勧めない」という医師もいるくらいなんですよ。

実は彼女、やはり保険の効くハサミによる切除も検討したそうですが、「ハサミの方が、何だかリアルで怖かった!」と言っていました。(笑)

でも、この治療法、意外と後も残らず、シミにもならないんだそうです。
痛みもチクッとする程度で、なかなか良かったという話を聞きました。

どの治療法が自分に合うのかは分かりませんが、私はアクアビューティー「艶つや習慣」で何とかできればと願っています。

やっぱり、どの治療法もそれなりに怖くありませんか?
切る、凍結させる、焼く・・・!

本当に、くわばら・くわばらですよ!!(苦笑)

「艶つや習慣」が購入できるのは、コチラのサイトです!

⇒ 艶つや習慣公式サイト

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング



人気ブログをblogramで分析