首イボの薬といえばイボコロリ内服錠!ヨクイニンが効く!

ところで、「艶つや習慣」のように首イボに効く化粧品は、いくつか発売されていますね。
ジェルタイプのほかに、オイルタイプや軟膏タイプのものもあります。

じゃあ“飲んで効く”ようなお薬って、存在するのでしょうか?
「市販薬でないかなぁ~?」と、探してみましたよ♪

そうしたら、ありました、ありました!
ナント、「イボコロリ内服錠」なるものが、あるではありませんか!

首イボにはイボコロリ内服錠!液体タイプはダメ!

イボコロリといえば、横山製薬から発売されているお薬ですね。
魚の目やタコ、イボの治療に使います。

昔からあるお薬ですが、私は液体タイプのものには何度かお世話になりました。
足にできた、魚の目に塗っていた記憶があります。

イボコロリは、角質剥離剤です。
患部に塗ると、すぐに乾燥して白い被膜を作ります。

次に塗る時は、その白い被膜を剥がしてから塗ります。
剥がせない場合もあるので、無理ならその上から重ねて塗っていきます。

魚の目は、芯(角質柱)が取れると、そこにポッコリ穴が開いて・・・
子ども心に、面白いな~と思ったのを覚えています。

そして徐々に皮膚が再生して、その穴が塞がっていくわけですね。

でも、この液体タイプのイボコロリは、首イボには使用できません。

顔や首などの皮膚の柔らかい部分に使うのは、NGなんです!
注意事項にもちゃんと記載されていますので、絶対に止めて下さいね。

顔のイボや首イボにいいのは、「イボコロリ内服錠」です。
こちらは、皮膚の柔らかい部分に効くイボの治療薬です。

首や顔はもちろん、お腹や背中などのイボにも効くんですって。
皮膚のあれが気になる方にも、いいようですよ♪

イボコロリ内服錠は、生薬のヨクイニンからエキスを錠剤にして作られています。
体の内側から穏やかに作用して、イボや皮膚のあれに効果を発揮するんですよ。

個人的に、イボコロリはよく効くお薬だと思っているので、この内服錠の方も期待大ですね。

ただ、やはり効果が表れるまでには、時間はかかるようです。
内服薬ですから、体全体の皮膚の改善のために働いているのでしょう。

ならば、「艶つや習慣」と併用してみてはどうでしょうか?
内側と外側からケアすることによって、より一層効果が上がるのではないかと思うのですが!

ちなみに私の友人は、DHC「ハトムギエキス」と一緒に、「艶つや習慣」を愛用しています。

ハトムギエキス=ヨクイニンですから、薬とサプリメントの違いはあっても、どちらも首イボにはいいような気がしますね。

「艶つや習慣」が購入できるのは、コチラのサイトです!

⇒ 艶つや習慣公式サイト

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング



人気ブログをblogramで分析