尿素+グリセリンで首イボに効く化粧水ができる!?

今では、化粧水も手作りする時代!?
尿素+グリセリンで簡単にできる、化粧水の作り方をご紹介したいと思います。

以前、TVでも紹介されたこともあったようですが、私は医師の今井龍弥先生の本を読んでいたので、この“美肌水”の存在は知っていました。

とても評判のよい手作り化粧水ですが、全ての方に合うというわけではありません。
必ずパッチテストをしてから、使用して下さいね。

ドラックストアで、尿素とグリセリンを購入すれば、すぐに作ることができますよ。

尿素化粧水(美肌水)の作り方をご紹介!

【材料】

 尿素・・・50g
 グリセリン・・・小さじ1杯
 水道水・・・200ml
 ペットボトルなどの容器(清潔なもの)・・・1本

【作り方】

 ①ペットボトルなどの空き容器に、尿素を入れる。
 ②水道水を入れ、溶けるまでよく振る。
 ③グリセリンを加えて、よく混ぜ合わせ、尿素が溶ければ完成。

いかがですか?
本当に、簡単でしょ?

これが原液の状態です。
保存は、冷蔵庫で6ヶ月くらい。

原液ですので、このまま肌に使用することはできません。
体に使う場合は、水道水で5倍、顔に使う場合は、10倍に薄めて下さい。
薄めた化粧水は、常温で2週間が保存の目安です。

f:id:charming30:20160710194804j:plain

この尿素化粧水(美肌水)の効能は、シミ、シワ、色黒、赤ら顔、アトピー、イボ、白髪だそうです。
首イボに使用する場合は、やはり顔と同じ10倍から始めた方がいいでしょう。

この化粧水を顔イボに試して、1ヶ月でほぼ目立たなくなり、3ヶ月後にはウソのようにキレイになったという人がいます。

もちろん、私も今井龍弥先生の本を読んで、すぐに尿素化粧水(美肌水)を作りました。
もう10年以上も前のことです。

当時は、首イボはまだできていませんでしたから・・・
アトピー肌を何とかしたくて、試してみたんですね。
(と言っても、私の場合は軽い方で、季節の変わり目に痒みが出て、肌が赤くなってしまうという感じでした。)

ところが、出来上がった化粧水を、早速顔に試したところ、すぐに異変が現れました!
赤くなって、痒みが出たので、思わず今井に電話をしてしまったくらいです!(笑)

「吹き出物がなくなった!」
「これ1つで、しっとりと潤う!」
「子供のアトピーが改善した!」

という、嬉しい声も多数ありますが・・・
やはり、合わない人には合わないというわけです。(苦笑)

私が、首イボケアで成功したのは、コチラの商品!
ポツポツが、ポロリといきますよ~♪

尿素化粧水(美肌水)の方が、コストはかかりませんが・・・
効果があったということで、個人的には「艶つや習慣」の方が、よりオススメです!

⇒ 艶つや習慣公式サイト

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング



人気ブログをblogramで分析